お金借りるパート・アルバイト

\パート・アルバイトの借入なら/

トップページ

今日中にお金がないと困る…
バイト給料日までもたない…
パートでも借りれるローンはある?


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、急ぎでお金が必要なパート・アルバイトの方のために、安心して借りれる所をご紹介しています。(※最短1時間融資)

パート・アルバイトがお金借りるなら大手の消費者金融がおすすめ

正社員と比べると収入が少ないために、パートやアルバイトだと借りられないと思っている方が多いと思います。

ですが、実際には収入の多い少ないは関係なく、大切なのは「安定した収入があること」なんです。

パート・アルバイトとして働き、毎月一定の収入がある方であれば、返済能力があると判断されるという事です。

もちろんパート・アルバイトでもお金が借りれると言っても、正社員や公務員の方と比べると借入限度額はそれほど多くないのが現実です。

ですが、どんな借入先を選んだとしても収入に見合った金額しか借り入れできないので、こればかりは仕方のないことかと思います。

銀行カードローンは審査が厳しい?迷ったら消費者金融へ

銀行カードローンだと低金利で借り入れできるため、迷わず申し込みたいところですが、低金利ゆえに審査が厳しくなっているのがデメリットです。

特に収入の少ないパート・アルバイトの方の場合は、少額融資であっても審査に通る可能性が低いようです。

また、審査が厳しいことから銀行融資は時間がかかるケースが多く、急ぎでお金を借りたい方にはおすすめできません。

即日融資も可能なカードローンをお探しなら、大手の消費者金融の利用を検討してみてはいかがでしょうか。審査が早いうえに安心して借りれると評判なので、パート・アルバイトの方にもおすすめです。

パート・アルバイトの方が
\お金借りるならココ!/

24時間365日土日も借入OK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書原則不要※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、パート・アルバイト勤務の方でも安心して借りれる借入先をご紹介しました。

大手の消費者金融会社であれば、雇用形態を気にすることなくお金を借り入れることが出来るので、急な出費にもすぐに対応することができるのがメリットです。

ただし、他社ローンをご利用中の方に関しては、審査に通る確率はどうしても低くなってしまいます。

もしも申し込みを検討中のカードローン会社がある場合には、まずは公式サイトで用意されている仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。審査に通るかどうかの目安になりますよ。

パート・アルバイトによくあるQ&A

こちらでは、パート・アルバイトの方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければカードローン申込前の参考にしてみてください。

Q. パート勤務の私がカードローンに申し込んだら限度額はいくらになりますか?

A. 原則として融資を受けられるのは年収の3分の1までとなっています。

パート・アルバイトに関わらず正社員の方でも、賃金業法により利用可能限度額は年収の3分の1までと決められています。

よって、パート勤めの方は現在の年収の3分の1以下の限度額になるのではないでしょうか。

具体的な限度額については、実際に審査を受けてみなければ分かりませんので、気になる方は公式サイトにある仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。

Q. カードローンでお金を借りたいんですが、バイト始めたばかりでも借りれますか?

A. 勤続年数が長い方が審査においては有利とされていますが、在籍確認が取れれば問題ありません。

カードローン審査において勤続年数1年未満の場合は審査に通りづらいと言われますが、審査基準として明確な勤続年数を記載している金融機関はどこにもありません。

安定した収入があること、年齢制限を申込条件としている所が多いため、バイト始めたばかりの方が申し込みしてみる価値は十分にあると思われます。

ただし、バイト始めたばかりの方でもすでに他社でローンを組んでいたり、クレジットカードの利用実績に問題があるといった場合には、勤続年数に関わらず審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

ですが、逆に言えばカードローンの利用が初めてでなおかつクレジットカードの利用実績も良好であれば、問題なく審査に通過すると思われます。

Q. パート勤務の私でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。パート・アルバイト勤務の方でも最短でご融資してもらえます。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方はあらかじめ必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

おもな必要書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認しておくようにして下さい。

パート・アルバイト向け基礎知識コラム

お金を借りたい場合に比べることは必要であると言えますが、比べる条件としてもっとも大切なのはどの程度の金利なのかという事です。

借りたお金がたいした金額ではなく短期間で返済が出来るなら金利以外のことを重要視してもいいのですが、長期間返済するときや金額が多いときには可能な限り低金利を選ぶべきです。いくらパート・アルバイトでも借りれるカードローンとはいえ、誰にも無条件でお金を貸してくれるわけではありません。もちろん、金融機関が提供しているパート・アルバイトでも借りれるカードローンサービスでは審査を通過した人にしか融資を受ける権利はありません。

審査を通ると、条件によっては当日中にお金を手に入れることができます。しかし、審査に落ちてしまうと希望の融資も受けられません。業者にキャッシングの申し込みをすること自体は無料なので、先に申し込みをして審査をパスしておきましょう。そうすると、急にお金を用意しなくてはいけなくなった時に、申し込みや審査の必要もなく、すぐに融資が受けられるでしょう。
旦那さんの給料で返すということで、主婦が借入を希望した場合には大変嬉しい、選び方次第で誰にも気付かれることなく銀行との契約ができる方法が存在します。


その方法とは、配偶者の同意書の提出義務が無い銀行を選ぶ、ということです。

法律で提出が義務付けられている訳ではないですが、提出を求められる銀行と提出を求めないところに分けられます。

ローンの契約を誰にも知られずに済ませるには、後に述べた銀行で契約しましょう。パート・アルバイトでも借りれるカードローンを複数の会社で利用するにあたってはその金額については総量規制を受けるので、利用可能額がトータルでいくらになるかを確認し、申請しなければなりません。消費者金融会社が、こうして総量規制を設定しているのは、申し込む人が高額すぎるお金を借りることを防ぐためで、その上限は年収の額に左右されるため、今自分がどれだけ借りているかを確認の上、キャッシングを使うかどうかの判断を行いましょう。


金融機関から融資を受け、現金を手にするのがキャッシングです。


銀行や消費者金融が提供しているパート・アルバイトでも借りれるカードローンサービスを利用する場合と、クレジットカードに付帯したキャッシング枠を使って現金を貸してもらうサービスのことを指すことが多いでしょう。
借入金には利息を付けて返す必要があります。

利息の計算方法はクレジットカードのものと同じなので、商品を購入した際に一回払いを選択しても日割り計算で引き落とし日までの日数分、利息を払う必要があるので、注意が必要です。ブラックリストに載ってしまい、どこのパート・アルバイトでも借りれるカードローンも審査落ちしてしまう状態になったからといって、他人の名前を借りるような行為は厳禁です。

パート・アルバイトの方にはプロミスをはじめ、アコムやアイフルといった知名度の高い消費者金融の利用をおすすめします。
相手に無断で借りるようなことは言わずもがなですが、相手の許可を取ったとしても罪にならないわけではありません。


正直に名前と情報を伝え、それでダメならば、そういうものだと気持ちを切り替えましょう。返済能力がないと判断されたので、審査に落ちるのです。
このような状態で他人の名前を使ってキャッシングしたら、結果的に返済もできず、相手に多大な迷惑をかけることになります。多々ある金融機関の中でどこを利用するかで人それぞれキャッシングで借りられる額が違い、即日融資や数万円ほどの少額融資だけでなく、300万円以上にも及ぶような多きな額の融資も場合によっては受けられるようになっています。最短で数十秒と言われるほどスピーディーな流れで驚くほどすぐに現金が手に入れられるので、お手軽でとても利用しやすいサービスです。

パート・アルバイトでも借りれるカードローンサービスの利用にはカードを使うというのが一般的に選ばれる方法でしょう。

ひとつのキャッシングサービスでは借入金が足りなくなった時、他の業者と契約してお金を借りたいと考える方は多いです。

他のキャッシング業者と契約できるかどうかは、その人の職業や収入など、社会的信用度の高さで判断されます。しかし、多数のキャッシングサービスを同時に契約したら、多重債務者として信用度が急落するかもしれません。
また、無事に契約できたとしても、複数契約は返済が複雑になります。おまとめローンなどを使って一本化しようと思っても、4社を超えるキャッシングを利用していると、利用は難しくなります。これからもキャッシングを使い続けるのであれば、少ない数のキャッシングサービスをうまく使ってやりくりしましょう。

キャッシングというワードの意味は、お金を貸し出す業者から他のローンなどとは異なり生活費の融通などを受けるという場合に用いられる借金のタイプです。


パート・アルバイトの方にはプロミスをはじめ、アコムやアイフルといった知名度の高い消費者金融の利用をおすすめします。
借金の契約をするという場合ならば、大抵は連帯保証人や不動産を担保にして、最悪の事態に備えます。

けれども、キャッシングという性質の借り入れでは、返済が滞ったときに利用される代わりの弁済方法を設定する事は特に求められることもないのです。


免許やパスポートといった公的な本人確認書類を提出すると、すぐにお金を借りられるケースが大半を占めるのです。

このごろ、現金が必要な時に、クレジットカードの現金化を勧める広告が掲載されていることがあります。



ショッピング枠を使って現金を得る、とのことですが、パート・アルバイトでも借りれるカードローンと何が違うのか分からない方も珍しくありません。



どちらも現金を手にする方法なので混同されがちですが、金融機関などのキャッシング業者からお金を借りることをキャッシングと呼び、クレカ現金化というのは、ショッピング枠のあるクレジットカードで何らかの商品を購入して、業者に買い取ってもらうことで現金を手に入れるというものです。カード会社はこうしたクレジットカードの現金化に罰則を設けています。クレジットカードで買った商品は返済が完了するまで、カード会社の所有物となるからです。

発覚すると利用停止のリスクがありますし、超高金利で借り入れたのと一緒になります。

カードローンお役立ち情報

パート・アルバイトの方には
\最短で借りれるプロミス!/

今すぐお金を借りるなら