お金借りるパート・アルバイト

\パート・アルバイトの借入なら/

トップページ

今日中にお金がないと困る…
バイト給料日までもたない…
パートでも借りれるローンはある?


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、急ぎでお金が必要なパート・アルバイトの方のために、安心して借りれる所をご紹介しています。(※最短1時間融資)

パート・アルバイトがお金借りるなら大手の消費者金融がおすすめ

正社員と比べると収入が少ないために、パートやアルバイトだと借りられないと思っている方が多いと思います。

ですが、実際には収入の多い少ないは関係なく、大切なのは「安定した収入があること」なんです。

パート・アルバイトとして働き、毎月一定の収入がある方であれば、返済能力があると判断されるという事です。

もちろんパート・アルバイトでもお金が借りれると言っても、正社員や公務員の方と比べると借入限度額はそれほど多くないのが現実です。

ですが、どんな借入先を選んだとしても収入に見合った金額しか借り入れできないので、こればかりは仕方のないことかと思います。

銀行カードローンは審査が厳しい?迷ったら消費者金融へ

銀行カードローンだと低金利で借り入れできるため、迷わず申し込みたいところですが、低金利ゆえに審査が厳しくなっているのがデメリットです。

特に収入の少ないパート・アルバイトの方の場合は、少額融資であっても審査に通る可能性が低いようです。

また、審査が厳しいことから銀行融資は時間がかかるケースが多く、急ぎでお金を借りたい方にはおすすめできません。

即日融資も可能なカードローンをお探しなら、大手の消費者金融の利用を検討してみてはいかがでしょうか。審査が早いうえに安心して借りれると評判なので、パート・アルバイトの方にもおすすめです。

パート・アルバイトの方が
\お金借りるならココ!/

24時間365日土日も借入OK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書原則不要※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率4.5%~18.0%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、パート・アルバイト勤務の方でも安心して借りれる借入先をご紹介しました。

大手の消費者金融会社であれば、雇用形態を気にすることなくお金を借り入れることが出来るので、急な出費にもすぐに対応することができるのがメリットです。

ただし、他社ローンをご利用中の方に関しては、審査に通る確率はどうしても低くなってしまいます。

もしも申し込みを検討中のカードローン会社がある場合には、まずは公式サイトで用意されている仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。審査に通るかどうかの目安になりますよ。

パート・アルバイトによくあるQ&A

こちらでは、パート・アルバイトの方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければカードローン申込前の参考にしてみてください。

Q. パート勤務の私がカードローンに申し込んだら限度額はいくらになりますか?

A. 原則として融資を受けられるのは年収の3分の1までとなっています。

パート・アルバイトに関わらず正社員の方でも、賃金業法により利用可能限度額は年収の3分の1までと決められています。

よって、パート勤めの方は現在の年収の3分の1以下の限度額になるのではないでしょうか。

具体的な限度額については、実際に審査を受けてみなければ分かりませんので、気になる方は公式サイトにある仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。

Q. カードローンでお金を借りたいんですが、バイト始めたばかりでも借りれますか?

A. 勤続年数が長い方が審査においては有利とされていますが、在籍確認が取れれば問題ありません。

カードローン審査において勤続年数1年未満の場合は審査に通りづらいと言われますが、審査基準として明確な勤続年数を記載している金融機関はどこにもありません。

安定した収入があること、年齢制限を申込条件としている所が多いため、バイト始めたばかりの方が申し込みしてみる価値は十分にあると思われます。

ただし、バイト始めたばかりの方でもすでに他社でローンを組んでいたり、クレジットカードの利用実績に問題があるといった場合には、勤続年数に関わらず審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

ですが、逆に言えばカードローンの利用が初めてでなおかつクレジットカードの利用実績も良好であれば、問題なく審査に通過すると思われます。

Q. パート勤務の私でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。パート・アルバイト勤務の方でも最短でご融資してもらえます。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方はあらかじめ必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

おもな必要書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認しておくようにして下さい。

パート・アルバイト向け基礎知識コラム

得するカードローンの利用方法は、無利息期間サービスをフルに活用しましょう。

業者によって期間に違いはありますが、契約から30日間が一般的で、返済をこの期間に済ませれば利息が全く掛からないのです。


もしこのサービスが終わってしまっても、全ての利息が請求されるわけではありません。利息が生じるのは過ぎた日数分に対してのみです。
パート・アルバイトの方にはプロミスをはじめ、アコムやアイフルといった知名度の高い消費者金融の利用をおすすめします。

初めてアコムでお金を借りると長くて30日間は利息を払わなくていいそうです。パート・アルバイトの方にはプロミスをはじめ、アコムやアイフルといった知名度の高い消費者金融の利用をおすすめします。
先ほど、そこのページで調べてきました。それならすぐに用意しなければならないお金が少し不十分だった際に意外と気軽に活用できると思います。
私は今、家用の掃除機であるルンバが欲しいのですが、そのために活用しようかなと思いました。みなさんご存知のように、オンラインのキャッシングサービスのほとんどは、審査も早く、その日のうちに融資してくれます。申し込みから融資まで半日程度かかるので、午前中に申し込んでおけば、夕方には貸付金が振り込まれているケースもあります。



このようなサービスなら、万が一の時にも頼りになると思います。
休憩の合間にサイトから申し込みをして、仕事が終わってから振り込まれた貸付金を引き出すという使い方をしている人もいるようです。携帯電話料金やクレジットカードの滞納は事故歴として残ってしまいますが、税金の滞納についてはキャッシングの審査で不利になることは少ないようです。
税金は延滞金の利率が高く、キャッシングで受けた融資で税金の支払いを済ませる人も多いのです。

税金の未納が続くと裁判所が差し押さえ処分を下すこともありますので、未納がある場合は早急に支払いを済ませましょう。また、金銭的余裕がなく支払いが難しい場合は、自治体に相談すれば、分割して払えるようにしてくれたり、条件によっては減税措置を取ってくれるかもしれません。払えない、払いたくないという理由で未納の税金を放置すると、損になるばかりか財産を差し押さえられる可能性もありますから、放置するのは止めましょう。


数年前から、クレジットカードを現金化して、現金を手に入れる方法が載っていることがありますが、パート・アルバイトでも借りれるカードローンと何が違うのか分からない方もいると思います。

キャッシングとは、金融機関に申し込み、審査を受けてお金を貸してもらうものです。一方で、ショッピング枠の現金化とは、クレジットカードで商品を購入し、その商品を業者に買い取ってもらい、現金を手にするというものです。

カード会社はこうしたクレジットカードの現金化に罰則を設けています。

クレジットカードで買った商品は返済が完了するまで、カード会社の所有物となるからです。
発覚すると利用停止のリスクがありますし、クレジットカードの返済額を考慮すると、法外な利息を払わされるのと変わりませんから、やめておいた方が賢明です。

近頃では、大規模な業者になれば仮審査用の画面をウェブ上に用意しているものです。ここに必要情報を打ち込めば、入力した情報が審査され、借入できるかが表示されるのです。とは言え、年齢、年収や、現在借りている額、借りたい額のような質問項目が少ない簡単な審査になるので、借入可能の表示が出たとしても、その時になって借り入れられないこともあるのです。



一つの意見だと思っておきましょう。お金を貸すと、頭を悩ませることになるかもしれません。名義を借りるのも良くありません。


軽い気持ちでお金を借りようとして金融業者に年収の証明書類の提出が必要になることがあります。
提出したというのに上限額は年収の3分の1なのです。そうなれば、抜け道として考えつくのが自分以外の名前を借りて融資を受けることです。でも、名義を借りるのも借金とほとんど一緒ですので、止めましょう。
使用目的が何であろうとローンを組める、それがカードローンのアピールポイントにもなっているのではないでしょうか。
申込時の資金使途欄には、返せる見込みのある目的であれば返せる見込みがあると判断されれば内容は問われません。
ただ、「生活費の為」というのは毎月困っているのかと不信感を与えるので言わないようにしましょう。

カードローンでの「事業資金」用途なども金融機関では理由にしてはいけません。どんなに早い審査のところでも断られてしまいます。



キャッシングの利便性は多くの人が認識していると思いますが、借りたお金の返済が滞ってしまうと財産を差し押さえられてしまうこともあります。


主に預金口座や給料が差し押さえ対象になりますが、給料の場合は最大その4分の1までが差し押さえ対象になります。
これが年金だともっと厳しく、年金が振り込まれる口座が差し押さえられてしまうと、1円も手元に入ってこないということすら有り得るのです。そんなことにならないように、無理なキャッシングを行わないように気を付けましょう。キャッシングで他の会社から借りた金がたくさんある人は注意する必要があります。これまでで3社以上の他社借入がある時は、パート・アルバイトでも借りれるカードローンを申し込んだとしても審査がスムーズにいかない可能性が高確率で起こり得ます。

最近の審査の仕方は、申込者が借り入れするに値するかの情報のチェックをものすごく厳正に行う傾向が多くなっているのです。

カードローンお役立ち情報

パート・アルバイトの方には
\最短で借りれるプロミス!/

今すぐお金を借りるなら