お金借りるパート・アルバイト

\パート・アルバイトの借入なら/

トップページ

今日中にお金がないと困る…
バイト給料日までもたない…
パートでも借りれるローンはある?


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、急ぎでお金が必要なパート・アルバイトの方のために、安心して借りれる所をご紹介しています。(※最短1時間融資)

パート・アルバイトがお金借りるなら大手の消費者金融がおすすめ

正社員と比べると収入が少ないために、パートやアルバイトだと借りられないと思っている方が多いと思います。

ですが、実際には収入の多い少ないは関係なく、大切なのは「安定した収入があること」なんです。

パート・アルバイトとして働き、毎月一定の収入がある方であれば、返済能力があると判断されるという事です。

もちろんパート・アルバイトでもお金が借りれると言っても、正社員や公務員の方と比べると借入限度額はそれほど多くないのが現実です。

ですが、どんな借入先を選んだとしても収入に見合った金額しか借り入れできないので、こればかりは仕方のないことかと思います。

銀行カードローンは審査が厳しい?迷ったら消費者金融へ

銀行カードローンだと低金利で借り入れできるため、迷わず申し込みたいところですが、低金利ゆえに審査が厳しくなっているのがデメリットです。

特に収入の少ないパート・アルバイトの方の場合は、少額融資であっても審査に通る可能性が低いようです。

また、審査が厳しいことから銀行融資は時間がかかるケースが多く、急ぎでお金を借りたい方にはおすすめできません。

即日融資も可能なカードローンをお探しなら、大手の消費者金融の利用を検討してみてはいかがでしょうか。審査が早いうえに安心して借りれると評判なので、パート・アルバイトの方にもおすすめです。

パート・アルバイトの方が
\お金借りるならココ!/

24時間365日土日も借入OK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書原則不要※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、パート・アルバイト勤務の方でも安心して借りれる借入先をご紹介しました。

大手の消費者金融会社であれば、雇用形態を気にすることなくお金を借り入れることが出来るので、急な出費にもすぐに対応することができるのがメリットです。

ただし、他社ローンをご利用中の方に関しては、審査に通る確率はどうしても低くなってしまいます。

もしも申し込みを検討中のカードローン会社がある場合には、まずは公式サイトで用意されている仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。審査に通るかどうかの目安になりますよ。

パート・アルバイトによくあるQ&A

こちらでは、パート・アルバイトの方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければカードローン申込前の参考にしてみてください。

Q. パート勤務の私がカードローンに申し込んだら限度額はいくらになりますか?

A. 原則として融資を受けられるのは年収の3分の1までとなっています。

パート・アルバイトに関わらず正社員の方でも、賃金業法により利用可能限度額は年収の3分の1までと決められています。

よって、パート勤めの方は現在の年収の3分の1以下の限度額になるのではないでしょうか。

具体的な限度額については、実際に審査を受けてみなければ分かりませんので、気になる方は公式サイトにある仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。

Q. カードローンでお金を借りたいんですが、バイト始めたばかりでも借りれますか?

A. 勤続年数が長い方が審査においては有利とされていますが、在籍確認が取れれば問題ありません。

カードローン審査において勤続年数1年未満の場合は審査に通りづらいと言われますが、審査基準として明確な勤続年数を記載している金融機関はどこにもありません。

安定した収入があること、年齢制限を申込条件としている所が多いため、バイト始めたばかりの方が申し込みしてみる価値は十分にあると思われます。

ただし、バイト始めたばかりの方でもすでに他社でローンを組んでいたり、クレジットカードの利用実績に問題があるといった場合には、勤続年数に関わらず審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

ですが、逆に言えばカードローンの利用が初めてでなおかつクレジットカードの利用実績も良好であれば、問題なく審査に通過すると思われます。

Q. パート勤務の私でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。パート・アルバイト勤務の方でも最短でご融資してもらえます。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方はあらかじめ必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

おもな必要書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認しておくようにして下さい。

パート・アルバイト向け基礎知識コラム

以前のカードローンといえば専用の窓口まで行く必要がありましたが、いまはコンビニにある銀行ATMで簡単に出し入れでき、手軽に利用できて良いと思います。


あくまでも銀行ATMで、よく見ると使える会社一覧表にカード会社の名前も載っているくらいですから、友達や会社の人と一緒でも「ちょっと待ってて」の一言でお金が下ろせるなんて大助かりです。

ただ、お財布に入れてしまうと自分のお金と区別がつかないので、当初に予定していたより借入額が増えてしまいがちなのが困りものです。
でも、本人がコントロールすべき問題であって、カードローン自体には責任はないと思います。まともな金融機関であれば当然、カードローンの利用者に対し、もれなく審査を行います。
こうした審査は、利用者に希望額の融資をしても問題なく返済可能かどうかを判断しています。利用者の属性面(職業、勤務先、勤続年数、年収、居住形態等)と、その他のローン契約の利用による信用情報によって総じて考えて、結果、問題なしとされたら、審査を通過できます。


改正された貸金業法に基づいて、金融機関が設定するキャッシングの金利が引き下げたのですが、それ以前の借り入れがある場合には、規制以上の利息となっており、過払いになっているかもしれません。


時効の前に動かなければなりません。
該当すると思う方は、完済か返済中かに関わらず、可及的速やかに無料相談などでもいいので、専門家の判断を仰いで、返還のための手続きに取りかかるのがオススメです。キャッシングにはたくさんの利用者がいますから、中には、返済日を忘れ、ギリギリになって思い出して青ざめたという人も多いです。そのような時は、焦らずキャッシング業者に連絡を入れましょう。会社の引き落とし方法によっては午前中の引き落としができなかった場合、午後にもう一度引き落とすところがあります。午前中の返済は無理だとしても、夜の引き落としに間に合わせることができたら延滞にはなりません。

もう間に合わないと諦める前に、業者に連絡を取ってください。どんなにスマートな呼び方をしていても、結局は債務になるのがカードローンでしょう。なるべく利用しないようにしたいですよね。

しかし、いざという時の備えにとりあえず契約しておくのもいいかもしれません。

必ずしも契約と併せて借入を行わなくてもいいのです。キャッシングの専用カードだけ作っておいて、どうしても必要な時に借入をするといった裏技もあります。キャッシングを受けるというのは、お金を貸すサービスをしている業者からごく少ない額のお金の貸し付けをしていただくという状態のことを示しています。お金を借りるという時には、普通ならば債務者が返済不能になってしまった時のことを考えた上での準備を要します。

ところが、キャッシングであれば他のローン手続きとは異なり本人が返済出来なくなった時のことを考えた弁済方法を用意しておくことは必須項目として設定されているわけではないのです。契約者の身分がハッキリと分かる確認書類さえ用意出来れば、大方の場合借り入れが出来る状態になるものなのです。


現金を借り入れしたいというとき、近頃ではハッキリと金利を提示してくれて、返済方法も多岐に渡っていたり過去のイメージとは異なり、使いやすくなってきています。


お好みの方法で申し込むことが可能になっており、ウェブページやアプリから申し込めば来店する必要もありません。


そしてキャッシング会社によりけりですが、オフィスなどに本来行われる在籍確認を省略している場合もあるのです。そうしたら自分以外の周りの人には内緒のままで現金を手にすることが出来ますので、気持ち的には楽になるはずです。


パート・アルバイトの方にはプロミスをはじめ、アコムやアイフルといった知名度の高い消費者金融の利用をおすすめします。


キャッシングの際には審査を受けるのですが、属性審査、書類審査、在籍確認、信用情報といった様々な面でのチェックが行われます。このような情報を基にして、申請者が今後、しっかりと返済するだけの実力があるかをみるのです。
万が一、申請した内容が事実とは違う内容で提出されていた場合、審査には受かりません。
既に他の金融機関から多額の借金がある方や、延滞記録が発見された場合には、キャッシングの審査に通らないだけでなく利用出来ません。
キャッシングはローンと似ているものであって混同して同じように使う人もいますが、本当は別物です。パート・アルバイトでも借りれるカードローンとローンの相違点を説明します。


パート・アルバイトでも借りれるカードローンはその時借りたお金を翌月の返済日に一度に返済します。ローンは自分が借りた金額を分割で相手に返していきます。


給料が入るまでの間に合わせ的にキャッシングを使うことが多いです。


無職であれば絶対にキャッシングは利用できないと思っている方も多いでしょう。しかし、一概にそうとも言えない場合があります。

無職とは一般的に給与所得がないわけですが、独身でなければキャッシングでお金を借りることができます。
しかし、パートナーに安定収入があることは絶対条件です。それに、限度額も低めに設定されています。
または、クレジットカードのキャッシング枠を使って現金を手に入れる方法があります。本人はクレジットカードを作ることができなくても、家族カードを作ってもらえば、キャッシング機能を使えます。

あるいは、年金で生活しているという人は一部の業者ではお金を貸し付けてくれます。

カードローンお役立ち情報

パート・アルバイトの方には
\最短で借りれるプロミス!/

今すぐお金を借りるなら