お金借りるパート・アルバイト

\パート・アルバイトの借入なら/

トップページ

今日中にお金がないと困る…
バイト給料日までもたない…
パートでも借りれるローンはある?


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、急ぎでお金が必要なパート・アルバイトの方のために、安心して借りれる所をご紹介しています。(※最短1時間融資)

パート・アルバイトがお金借りるなら大手の消費者金融がおすすめ

正社員と比べると収入が少ないために、パートやアルバイトだと借りられないと思っている方が多いと思います。

ですが、実際には収入の多い少ないは関係なく、大切なのは「安定した収入があること」なんです。

パート・アルバイトとして働き、毎月一定の収入がある方であれば、返済能力があると判断されるという事です。

もちろんパート・アルバイトでもお金が借りれると言っても、正社員や公務員の方と比べると借入限度額はそれほど多くないのが現実です。

ですが、どんな借入先を選んだとしても収入に見合った金額しか借り入れできないので、こればかりは仕方のないことかと思います。

銀行カードローンは審査が厳しい?迷ったら消費者金融へ

銀行カードローンだと低金利で借り入れできるため、迷わず申し込みたいところですが、低金利ゆえに審査が厳しくなっているのがデメリットです。

特に収入の少ないパート・アルバイトの方の場合は、少額融資であっても審査に通る可能性が低いようです。

また、審査が厳しいことから銀行融資は時間がかかるケースが多く、急ぎでお金を借りたい方にはおすすめできません。

即日融資も可能なカードローンをお探しなら、大手の消費者金融の利用を検討してみてはいかがでしょうか。審査が早いうえに安心して借りれると評判なので、パート・アルバイトの方にもおすすめです。

パート・アルバイトの方が
\お金借りるならココ!/

24時間365日土日も借入OK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書原則不要※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率4.5%~18.0%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、パート・アルバイト勤務の方でも安心して借りれる借入先をご紹介しました。

大手の消費者金融会社であれば、雇用形態を気にすることなくお金を借り入れることが出来るので、急な出費にもすぐに対応することができるのがメリットです。

ただし、他社ローンをご利用中の方に関しては、審査に通る確率はどうしても低くなってしまいます。

もしも申し込みを検討中のカードローン会社がある場合には、まずは公式サイトで用意されている仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。審査に通るかどうかの目安になりますよ。

パート・アルバイトによくあるQ&A

こちらでは、パート・アルバイトの方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければカードローン申込前の参考にしてみてください。

Q. パート勤務の私がカードローンに申し込んだら限度額はいくらになりますか?

A. 原則として融資を受けられるのは年収の3分の1までとなっています。

パート・アルバイトに関わらず正社員の方でも、賃金業法により利用可能限度額は年収の3分の1までと決められています。

よって、パート勤めの方は現在の年収の3分の1以下の限度額になるのではないでしょうか。

具体的な限度額については、実際に審査を受けてみなければ分かりませんので、気になる方は公式サイトにある仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。

Q. カードローンでお金を借りたいんですが、バイト始めたばかりでも借りれますか?

A. 勤続年数が長い方が審査においては有利とされていますが、在籍確認が取れれば問題ありません。

カードローン審査において勤続年数1年未満の場合は審査に通りづらいと言われますが、審査基準として明確な勤続年数を記載している金融機関はどこにもありません。

安定した収入があること、年齢制限を申込条件としている所が多いため、バイト始めたばかりの方が申し込みしてみる価値は十分にあると思われます。

ただし、バイト始めたばかりの方でもすでに他社でローンを組んでいたり、クレジットカードの利用実績に問題があるといった場合には、勤続年数に関わらず審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

ですが、逆に言えばカードローンの利用が初めてでなおかつクレジットカードの利用実績も良好であれば、問題なく審査に通過すると思われます。

Q. パート勤務の私でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。パート・アルバイト勤務の方でも最短でご融資してもらえます。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方はあらかじめ必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

おもな必要書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認しておくようにして下さい。

パート・アルバイト向け基礎知識コラム

もし前歴があって融資が受けられない人でも、よく探せば、お金を貸してくれる会社はあるようです。



もちろん、コマーシャルや電車広告を出しているような老舗金融や銀行の場合はブラックの人が審査に通る可能性は限りなく低いので、そのあとに控えている規模の小さい会社が受け皿となります。

別に悪いとは言いませんが、名前があまり表に出ることのない有名な消費者金融会社の場合、ブラック企業的な行動が見られることが多いです。



運が悪ければババを引く覚悟も必要でしょう。

たとえ遅延せずに完済しても、それで解約されると思ってはいませんか。

解約をしない限り契約は残ったままになるので、いつでも借り入れられるということになります。


つまりその状態は、設定した限度額の借入を延々と実行していると捉えられるのです。

その為、その他のローン契約を結べないかもしれません。必要でなくなれば解約の手続きをするのが良策です。トラブルなどでお金がいる場合に、パート・アルバイトでも借りれるカードローンに申し込む人は少なくありません。
キャッシングにはそれぞれ条件がありますが、目先の借入金だけでなく返済計画を立てた上で、都合の良いサービスを選ぶようにしましょう。



総合情報サイトなどを活用すると、ニーズに沿ったサービスを選べます。


それに、インターネットから申し込むタイプのキャッシングサービスは対応がスピーディーなので、早めの時間帯に申し込んでおけば即日で貸し付けてもらえるケースもありまので、急な出費には最適です。

緊急事態にあっても、初めてカードローンの利用を始めるに先立って、比べてみてから判断しましょう。



カードローンは銀行とか消費者金融で利用することができますが、低い金利で利用できるのは銀行です。とはいえ、その一方、審査通過の割合は、消費者金融の半分だとされているのです。

加えて、有名な消費者金融の場合には、すぐさま借入できることが多く、どちらも良い点、悪い点があると言えます。

キャッシングの際には審査を受けるのですが、属性審査、書類審査、在籍確認、信用情報といった様々な面でのチェックが行われます。全ての確認が終わり、申請者が今後、しっかりと返済するだけの実力があるかを検討します。
もし、申請した内容が虚偽の内容であった場合には審査には受かりません。既に多額の借金がある人や、延滞記録が発見された場合には、パート・アルバイトでも借りれるカードローンの審査で通らない可能性が極めて高いです。
パート・アルバイトでも借りれるカードローンは便利なサービスですが、使いやすいサービスを選ばなければ利便性も半減してしまいます。
そのためにも、契約前にそれぞれのサービスを比較することを忘れないでください。金利はもちろんのこと、30日無利息ローンがあるサービスかどうかや、自分の都合の良い方法で申し込めるのか否かも注目したいポイントです。
パート・アルバイトでも借りれるカードローンを利用しているところを具体的に想像し、借入返済の手続きが生活圏にあるATMで利用できるかどうかも確認しておきましょう。手数料がかからないATMもありますから、どちらが都合が良いのか時間をかけて考えておきましょう。キャッシングは、申し込めばすぐに便利に使えると思い込みがちですが、逆に不便で損する可能性もあります。ATMのチェックはとても大切なことです。
借入ができるのは20歳を超えてからですが、それの上限は、大手有名な消費者金融であれば一律69歳、概ねの銀行では65歳とされています。契約した当時にこの年齢であれば、更新審査の時に自動的に年齢も更新され、年齢が上限を超えたときにそこで契約は解除されます。


消費者金融の契約は5年で、銀行の多くでは1年おきに更新が実施されるでしょう。
キャッシングの審査に落ちたことでがっかりしてしまったということはないですか?私はそのような経験をしたことがあります。



ですが、気を落とす必要などないのです。
キャッシングは、再審査を受けることも可能だからです。
もう一度申し込みをし直すとあっさりと審査に受かるケースもあります。キャッシングでは収支のバランスをとることが大事です。

返済(支出)を考えると一社から借りるほうが複数に比べて管理しやすく、返済しやすいです。

パート・アルバイトの方にはプロミスをはじめ、アコムやアイフルといった知名度の高い消費者金融の利用をおすすめします。それに節度があるみたいな印象もあるようです。
ただ、もうひとつぐらいなら借入先を増やすことによってメリットがあるのは事実です。
実際に、年利の低さは総返済額削減に直結しますが、1社目より低金利な融資を提供していたり、融資上限がぜんぜん違うなんていうこともあります。



明らかに2社目を利用するほうがトクになることがあります。

限度額なら1社目のほうで引き上げ可能だったりしますが、金利の違いがあれば2社目を考慮したほうが良いでしょう。



パート・アルバイトでも借りれるカードローンも自分に合ったものを見つける時代になりました。



返済方法も支出が多い世代にフィットするリボ払いを選ぶ人が多いです。


利息を上乗せすることを考慮しても、毎月の返済額がずっと変わらないわけですから、光熱費がひとつ増えるような感覚で返済できます。もちろんあとから繰上返済することも可能です。
融資上限は決まっていますが、返済した分は復活するので、必要に応じてまた借りることも可能です。

パート・アルバイトの方にはプロミスをはじめ、アコムやアイフルといった知名度の高い消費者金融の利用をおすすめします。
それでも期間は伸びるものの、月々の支払いは変わらないので無理のない収支計画がたてやすい点も利用者には好評です。

カードローンお役立ち情報

パート・アルバイトの方には
\最短で借りれるプロミス!/

今すぐお金を借りるなら