お金借りるパート・アルバイト

\パート・アルバイトの借入なら/

トップページ

今日中にお金がないと困る…
バイト給料日までもたない…
パートでも借りれるローンはある?


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、急ぎでお金が必要なパート・アルバイトの方のために、安心して借りれる所をご紹介しています。(※最短1時間融資)

パート・アルバイトがお金借りるなら大手の消費者金融がおすすめ

正社員と比べると収入が少ないために、パートやアルバイトだと借りられないと思っている方が多いと思います。

ですが、実際には収入の多い少ないは関係なく、大切なのは「安定した収入があること」なんです。

パート・アルバイトとして働き、毎月一定の収入がある方であれば、返済能力があると判断されるという事です。

もちろんパート・アルバイトでもお金が借りれると言っても、正社員や公務員の方と比べると借入限度額はそれほど多くないのが現実です。

ですが、どんな借入先を選んだとしても収入に見合った金額しか借り入れできないので、こればかりは仕方のないことかと思います。

銀行カードローンは審査が厳しい?迷ったら消費者金融へ

銀行カードローンだと低金利で借り入れできるため、迷わず申し込みたいところですが、低金利ゆえに審査が厳しくなっているのがデメリットです。

特に収入の少ないパート・アルバイトの方の場合は、少額融資であっても審査に通る可能性が低いようです。

また、審査が厳しいことから銀行融資は時間がかかるケースが多く、急ぎでお金を借りたい方にはおすすめできません。

即日融資も可能なカードローンをお探しなら、大手の消費者金融の利用を検討してみてはいかがでしょうか。審査が早いうえに安心して借りれると評判なので、パート・アルバイトの方にもおすすめです。

パート・アルバイトの方が
\お金借りるならココ!/

24時間365日土日も借入OK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書原則不要※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、パート・アルバイト勤務の方でも安心して借りれる借入先をご紹介しました。

大手の消費者金融会社であれば、雇用形態を気にすることなくお金を借り入れることが出来るので、急な出費にもすぐに対応することができるのがメリットです。

ただし、他社ローンをご利用中の方に関しては、審査に通る確率はどうしても低くなってしまいます。

もしも申し込みを検討中のカードローン会社がある場合には、まずは公式サイトで用意されている仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。審査に通るかどうかの目安になりますよ。

パート・アルバイトによくあるQ&A

こちらでは、パート・アルバイトの方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければカードローン申込前の参考にしてみてください。

Q. パート勤務の私がカードローンに申し込んだら限度額はいくらになりますか?

A. 原則として融資を受けられるのは年収の3分の1までとなっています。

パート・アルバイトに関わらず正社員の方でも、賃金業法により利用可能限度額は年収の3分の1までと決められています。

よって、パート勤めの方は現在の年収の3分の1以下の限度額になるのではないでしょうか。

具体的な限度額については、実際に審査を受けてみなければ分かりませんので、気になる方は公式サイトにある仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。

Q. カードローンでお金を借りたいんですが、バイト始めたばかりでも借りれますか?

A. 勤続年数が長い方が審査においては有利とされていますが、在籍確認が取れれば問題ありません。

カードローン審査において勤続年数1年未満の場合は審査に通りづらいと言われますが、審査基準として明確な勤続年数を記載している金融機関はどこにもありません。

安定した収入があること、年齢制限を申込条件としている所が多いため、バイト始めたばかりの方が申し込みしてみる価値は十分にあると思われます。

ただし、バイト始めたばかりの方でもすでに他社でローンを組んでいたり、クレジットカードの利用実績に問題があるといった場合には、勤続年数に関わらず審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

ですが、逆に言えばカードローンの利用が初めてでなおかつクレジットカードの利用実績も良好であれば、問題なく審査に通過すると思われます。

Q. パート勤務の私でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。パート・アルバイト勤務の方でも最短でご融資してもらえます。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方はあらかじめ必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

おもな必要書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認しておくようにして下さい。

パート・アルバイト向け基礎知識コラム

融資を受ける場合の査定では、信用情報の確認はもちろん、在籍確認、属性確認、書類確認等あらゆる面で調査されます。これらの情報を元にして、その人にきちんとした返済能力があるのかどうか?これを判定するのです。パート・アルバイトの方にはプロミスをはじめ、アコムやアイフルといった知名度の高い消費者金融の利用をおすすめします。

万が一、登録した内容に虚偽の内容が発覚すれば審査に落ちる可能性が高くなります。既にいくつかの金融機関から高額な借入れをしていたり、過去に大きな事故を起した事のある方は、キャッシングの審査には通らない可能性が非常に高いです。
よく耳にするキャッシングという言葉は、貸金業者からあくまで、大きな金額ではないという程度の額の融資をお願いするという状態を意味しています。一般的には、お金を融通してもらうとなると、返済が出来なくなったときを考えて、さまざまな保証が必要となってきます。しかしながら、キャッシングの性質というのは債務者が支払い不可能になった場合を想定しての保証を準備する手間を省いてすぐに現金を手にすることが出来ます。



パスポートや免許証など本人だと証明できるものがあれば、ほとんどの場合借り入れが可能となるのです。今、カードローンを二つの消費者金融で組んでいます。一方は十万円、もう一方は二十万円で組んであるのですが、二社合わせて毎月二万円ずつ返済しています。



困った事に、どちらも最大利子での貸付なので、利子を含めた返済額が減らない為、完済の予定が立ちません。
他の消費者金融で借り換える事も考えたのですが、審査を通ることが出来ずに、諦めています。

大した額ではないのですが、初めてのカードローンで今は困った事になってしまいました。借金といっても、様々なタイプの借入方法があります。その内の1つの定額払いとは、月々前もって指定しておいた一定の額を返していく形式です。返す計画を立てやすい反面、金利が高くついたり、返済が終了するまでに時間がかかってしまうという欠点もあります。必要なだけの金銭が用意できなかったりして、返済日の支払いができなくてそのまま延滞してしまえば、返済日翌日に連絡があります。それに応えず放置を続ければ、終いには財産が差し押さえられることもあります。対象となるのは給与です。テレビでは直接家に人が来て、差し押さえの作業をしているのが描かれていますが本当に起こる訳ではありません。キャッシングで他社からの借入が多めにある人は危険があるかもしれないと考える必要があります。


もう3社以上の他社借入が存在する場合は、キャッシングを申請しても審査を通過できない可能性が大いにあります。最近行われている審査では、申し込みした人の信用情報の確認作業をしっかりと厳正に行われる傾向が高くなっているのです。



キャッシングでもローンでも気をつけなければいけないのは「延滞」です。パート・アルバイトの方にはプロミスをはじめ、アコムやアイフルといった知名度の高い消費者金融の利用をおすすめします。元金+利息分+遅延損害金を払う必要があるので出費が増えます。多少ならいいやと思うのは間違いで、延滞の回数や遅延日数の記録は残るので、あまりひどいといずれブラックリストに登録され、今後の借り入れができなくなってしまうなどのデメリットがあります。
借りるときも便利なキャッシングは返すときも便利で、さまざまな返済方法・窓口が用意されていますから、きちんと期日を守ることが大切です。
ブラックリストの基準を知りたがる人もいますが、そんなことより『延滞しない』で返すことが大事なのだと頭の中に置いておくようにしましょう。カードローンやキャッシングの申込みに必要な要件というのは実際にはそれほど多くないのです。昔の経験で話している人が多いので、間違った認識があるのでしょう。



個人の貸借履歴や会社ごとの審査基準によりますが、免許証やパスポートのように写真付きの公的証明書や健康保険証などがあれば充分でしょう。
それらの書類がない場合にも、保険証や給料明細などで柔軟に対応してもらえるようです。

極端に言えば、免許証さえあればお金が借りられるわけですが、楽に借りれて楽に返せるかどうかは、お金を借りて使う人のバランス感覚や判断力にもよると思います。収入と支出について一番よく理解しているのは自分自身です。現実的な返済プランをきちんと立てる判断力が重要になります。

カードローンの利用が平成22年より前にある人には、いわゆる過払い金と言う、戻ってくるお金があるかもしれません。過払い金があったときは、過払返還請求をすることで戻ってくることがあります。ただ、扱いが債務整理と一緒になってしまう為、借入中であれば同時に返済も一括で済まさなければブラックだとみなされてしまいます。
元々完済した後にすることの為、過払い金請求は完済後に行ってください。パート・アルバイトでも借りれるカードローンの返済というものは、たくさん借り入れるほどそれを返済するのに要する期間も長引き、利息額も余計にかかってしまいます。
負担を抑えるためにも、余裕がある場合には繰り上げ返済という手段の利用が賢明です。返済金額は毎月決められた額となっていますが、決められた額以上の返済をしていけば、返済期間も短縮でき、利息の負担を軽減できます。

カードローンお役立ち情報

パート・アルバイトの方には
\最短で借りれるプロミス!/

今すぐお金を借りるなら