お金借りるパート・アルバイト

\パート・アルバイトの借入なら/

トップページ

今日中にお金がないと困る…
バイト給料日までもたない…
パートでも借りれるローンはある?


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、急ぎでお金が必要なパート・アルバイトの方のために、安心して借りれる所をご紹介しています。(※最短1時間融資)

パート・アルバイトがお金借りるなら大手の消費者金融がおすすめ

正社員と比べると収入が少ないために、パートやアルバイトだと借りられないと思っている方が多いと思います。

ですが、実際には収入の多い少ないは関係なく、大切なのは「安定した収入があること」なんです。

パート・アルバイトとして働き、毎月一定の収入がある方であれば、返済能力があると判断されるという事です。

もちろんパート・アルバイトでもお金が借りれると言っても、正社員や公務員の方と比べると借入限度額はそれほど多くないのが現実です。

ですが、どんな借入先を選んだとしても収入に見合った金額しか借り入れできないので、こればかりは仕方のないことかと思います。

銀行カードローンは審査が厳しい?迷ったら消費者金融へ

銀行カードローンだと低金利で借り入れできるため、迷わず申し込みたいところですが、低金利ゆえに審査が厳しくなっているのがデメリットです。

特に収入の少ないパート・アルバイトの方の場合は、少額融資であっても審査に通る可能性が低いようです。

また、審査が厳しいことから銀行融資は時間がかかるケースが多く、急ぎでお金を借りたい方にはおすすめできません。

即日融資も可能なカードローンをお探しなら、大手の消費者金融の利用を検討してみてはいかがでしょうか。審査が早いうえに安心して借りれると評判なので、パート・アルバイトの方にもおすすめです。

パート・アルバイトの方が
\お金借りるならココ!/

24時間365日土日も借入OK
PC・スマホから申込み可能
実質年率4.5%~17.8%
限度額1万円~500万円
審査時間最短30分
無利息期間30日間
収入証明書原則不要※借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は30日間利息0円
    メールアドレス登録とWeb明細利用の登録をするだけで、30日間利息0円でお金が借りれます。
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webなら最短1時間で借入OK
  • スマホなら専用アプリが便利
  • 大手カードローン会社で安心

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポートまたは健康保険証+住民票
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書
  • 所得証明書
  • 課税証明書 など
最短即日で振込融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Web完結で契約手続き可能
  • PC・スマホで申し込みOK

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証 など

【収入証明書類】

  • 市民税・県民税額決定通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書(第一表) など
来店不要で最短融資OK
実質年率3.0%~18.0%
限度額1万円~800万円
審査時間最短30分
無利息期間最大30日間
収入証明書原則不要※お借り入れ合計額により収入証明書類(源泉徴収票など)が必要
  • 初回は最大30日間利息0円
  • 今日中に借りれる
  • 担保・保証人なしで借りれる
  • Webですべての手続き完了

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 公的証明書類
  • 特別永住者証明書
  • 在留カード
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード など

【収入証明書類】

  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書 など

まとめ

こちらでは、パート・アルバイト勤務の方でも安心して借りれる借入先をご紹介しました。

大手の消費者金融会社であれば、雇用形態を気にすることなくお金を借り入れることが出来るので、急な出費にもすぐに対応することができるのがメリットです。

ただし、他社ローンをご利用中の方に関しては、審査に通る確率はどうしても低くなってしまいます。

もしも申し込みを検討中のカードローン会社がある場合には、まずは公式サイトで用意されている仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。審査に通るかどうかの目安になりますよ。

パート・アルバイトによくあるQ&A

こちらでは、パート・アルバイトの方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければカードローン申込前の参考にしてみてください。

Q. パート勤務の私がカードローンに申し込んだら限度額はいくらになりますか?

A. 原則として融資を受けられるのは年収の3分の1までとなっています。

パート・アルバイトに関わらず正社員の方でも、賃金業法により利用可能限度額は年収の3分の1までと決められています。

よって、パート勤めの方は現在の年収の3分の1以下の限度額になるのではないでしょうか。

具体的な限度額については、実際に審査を受けてみなければ分かりませんので、気になる方は公式サイトにある仮審査を受けてみてはいかがでしょうか。

Q. カードローンでお金を借りたいんですが、バイト始めたばかりでも借りれますか?

A. 勤続年数が長い方が審査においては有利とされていますが、在籍確認が取れれば問題ありません。

カードローン審査において勤続年数1年未満の場合は審査に通りづらいと言われますが、審査基準として明確な勤続年数を記載している金融機関はどこにもありません。

安定した収入があること、年齢制限を申込条件としている所が多いため、バイト始めたばかりの方が申し込みしてみる価値は十分にあると思われます。

ただし、バイト始めたばかりの方でもすでに他社でローンを組んでいたり、クレジットカードの利用実績に問題があるといった場合には、勤続年数に関わらず審査落ちの可能性が高くなってしまいます。

ですが、逆に言えばカードローンの利用が初めてでなおかつクレジットカードの利用実績も良好であれば、問題なく審査に通過すると思われます。

Q. パート勤務の私でも即日で融資してもらえますか?

A. はい。パート・アルバイト勤務の方でも最短でご融資してもらえます。

こちらでご紹介しているプロミスアコムアイフルなら審査が早いと評判です。

パソコンやスマホからWeb申し込みも出来るので、申し込みから借り入れまでの手続きも早いのでおすすめです。(※最短1時間融資)

お急ぎの方はあらかじめ必要書類を準備しておき、Webから申し込みすることをおすすめします。

おもな必要書類は以下の通りです。それぞれ以下のうちいずれか1点を提出する流れになります。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード
  • 公的証明書類
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書 など

【収入証明書類】

  • 給与明細書
  • 源泉徴収票
  • 所得証明書
  • 課税証明書
  • 住民税額決定通知書
  • 確定申告書の控えのコピー など

なお、金融機関ごとに収入証明書類として認められる書類は異なります。あらかじめ公式サイトで確認しておくようにして下さい。

パート・アルバイト向け基礎知識コラム

お金を借りるためには審査があって、それをクリアしないとパート・アルバイトでも借りれるカードローンを利用する事は可能になりません。個々の消費者金融で審査のポイントは異なるので一様にどういった事に神経を使えばパスしやすいかというのは言えませんが、年収が大変関係しています。ちょっとお金に困った際には、自動契約機を利用し、契約をする方法が一番簡単だと思います。
当然ですが、自動契約機を利用したら、借入ができるかどうかの審査が行われている間は、じっと待っていなくてはなりません。なので、長い待ち時間にならないように、どの申し込み方法よりも審査が優先されるといいます。すぐに手元にお金がほしいなら、自動契約機での契約がお勧めです。

たった今、お金を使いたい時は日付が変わらないうちにお金を借りれるキャッシング業者を見つけ、審査が間に合うようにお申込み時間を考えましょう。お金を借りるときに、主婦に求められる条件はバイトなどで、定期的にお金を得ていることで、あっという間に審査の結果がわかるように正確な内容で申込書に記入してください。
または、配偶者に一定の収入がある場合は、お金を貸してくれるところも多いです。休日に用事があり、朝から出かけていて財布を鞄から出したときに現金を入れ忘れてた!という経験がありました。



しかし、必要とはいえ、休日にどこかで急にお金を借りるのは可能なのか?と、かなり心配をしたのですが、無事にお金必要な分だけ借りれました。

それ以前、普段は平日しか利用したことがないので、休日でも借りれ可能だとは全く知識もなく、考え付かなかったので、キャッシングがいつもと変わらず普通に借り入れできると知ってとても良いサービスだな。と思いました。

クレジットカードをお持ちの方は、パート・アルバイトでも借りれるカードローン機能をご存知だと思いますが、その返済方法は原則、一括返済です。一般的に、クレジットカードの追加サービスのイメージが強いパート・アルバイトでも借りれるカードローン機能ですが、反対に、キャッシングだけに使うカードも一般的に使われています。

こうしたものは、ローンカードという名前で呼ばれてますから、聞いたことがある方も多いと思います。パート・アルバイトでも借りれるカードローンサービスが使えないクレジットカードもありますが、クレジットカードのキャッシング枠の設定は業者が決めています。
モビットを利用したキャッシングの場合、インターネットから24時間申請できる仕組みになっており、申し込み後10秒ほどで審査結果も確認できます。
またモビットは大手銀行とも呼ばれる『三井住友銀行』のグループなのでそれだけでも安心感があり、注目を集めている理由といえるでしょう。

人を介さずに利用できる便利なATMも全国に10万台あるので、忙しい方でもコンビニから気軽にキャッシングできるので嬉しいですね。

全てインターネット上で申込みできるので郵便てを送るという面倒な手間がかからないのもポイントですね。カードローンを申し込むときには審査があり、在籍確認の電話は必ずあるものと考えて間違いないでしょう。


しかし一定の条件が整っていれば会社への電話確認はなしというところなら何社かあります。
銀行系のモビットやプロミスでは指定銀行での取引口座保有や勤務先のわかる書類(保険証・給与明細・社員証)などの提示で、在籍確認に替えることができます。ただ、その人の前歴や勤務年数などによっては在籍確認することもあるので確認してみると良いでしょう。
現在、カードローンを組んでいます。



それも二つの消費者金融においてです。一方は十万円、もう一方は二十万円で組んであるのですが、毎月の返済に、二社合わせて二万円を充てているのです。困った事に、どちらも最大利子での貸付なので、どれだけ返済を進めても、返済額が減る様子がありません。計画を見直し、別の消費者金融で借り換えようと思ったのですが、審査が厳しく、断念しました。大した額ではないのですが、初めてのカードローンで今は頭の痛い問題を抱えてしまいました。
キャッシングを審査を受けないで利用したい、なるだけ審査が比較的少ないところで借りたいなどといった悩みを持つ方も大勢いると思います。

銀行は、基本的に厳しい審査ですが、消費者金融の場合は比較的早い審査でキャッシングの利用をできる場合があります。社会人になると支出の金額も回数も格段に増えてきます。足りないなというときに軽い気持ちで知人に借りて気まずくなるよりはキャッシングがおすすめです。冠婚葬祭や急な立替金などでも臨機応変に対応できると思います。借りるときも小額で抑えておき、次のお給料でスパッと一括返済すれば、無利息なんていう特典が用意されていることもあります。金額や使途にもよりますが、人間関係を難しくするような借金はできれば避けたいですね。信頼できる会社でカードを作成しておくと安心です。



ただ、あまり使わないでいるとカード自体に有効期限があるので注意してください。

カードローンお役立ち情報

パート・アルバイトの方には
\最短で借りれるプロミス!/

今すぐお金を借りるなら